専任教員
Shintaro Imai

今井慎太郎(准教授:コンピュータ音楽)

音や物の微細な運動を剪定し矯正することで創作を行う。国立音楽大学およびパリのIrcamにて学んだ後、2002年から2003年まで文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツのZKMにて研究活動を、また2004年にDAADベルリン客員芸術家としてベルリン工科大学を拠点に創作活動を行う。2008年から2011年までバウハウス・デッサウ財団にてバウハウス舞台の音楽監督を務める。2012年にはダルムシュタット夏期現代音楽講習会にて講師を務めた。
仏ブールジュ国際電子音楽コンクールにてレジデンス賞、捷ムジカ・ノヴァ国際電子音楽コンクール第1位および若い作曲家のための特別賞、米EARPLAY作曲家賞、独ZKM国際電子音楽コンクール第1位などを受賞。ICMC国際コンピュータ音楽会議、ISCM世界音楽の日々、Agora、Inventionen、Ultraschall、Transmediale、MaerzMusik(ベルリンBerghainにて単独公演)、ダルムシュタット夏期現代音楽講習会などの国際的なフェスティバルで作品が上演されているほか、ベルリンのベルリニシェ・ガレリーにて2004年にポートレート・コンサートを行っている。
www.shintaroimai.com

担当授業:
・コンピュータ音楽創作 I~III
・コンピュータ音楽ゼミ I~IV
・コンピュータ応用講義D
・コンピュータ音楽概論A
・修士課程作曲演習 I~IV(コンピュータ音楽)
・修士課程テーマ別演習(音楽とメディア)
・博士課程作曲演習(コンピュータ音楽)

Satoko Inoue

井上郷子(教授:創作系ピアノ)

ピアニスト。現代音楽演奏のスペシャリスト。東京学芸大学大学院作曲科修了。ムジカ・プラクティカ・アンサンブルのメンバーを経て、1991年よりソロ活動。多くのリサイタルを行ない、特に、近藤譲ピアノ作品・全曲演奏やモートン・フェルドマン作品の演奏等で高い評価を受ける。海外では、ISCM(ルーマニア)などの国際現代音楽祭からの招聘をはじめ、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東各地でソロリサイタルを行なうとともに、リール大学(フランス)、カリフォルニア芸術大学(US)などのマスタークラスで講師を務める。2008年より年3回、コンサート・シリーズ“Music Documents”を企画・制作。ソロCDアルバムとして、これまでにHatHut Records(スイス)をはじめ国内外のレーベルから計6タイトルが出版されている。第10回佐治敬三賞受賞。
www.n-b-music.com

担当授業:
・創作系ピアノ I~VIII

客員教授
Cort Lippe

コート・リッピ(客員教授:コンピュータ音楽)

作曲をL.オースティンに師事。1980年よりユトレヒト大学ソノロジー研究所においてG.M.ケーニッヒ、P.ベルクのもとでコンピュータ音楽を学ぶ。1984年よりI.クセナキスが所長を務める「CEMAMu(パリ)」で研究員として活動。1986年から8年間、IRCAMに在籍し、音楽用リアルタイム・アプリケーションの研究開発や、作曲における最新テクノロジーの応用に関し指導する。現在、ニューヨーク州立大学バッファロー校において作曲を教えているほか、同校ヒラー・コンピュータ音楽スタジオの所長を務めている。
彼の作品はルイジ・ルッソロ国際電子音楽コンクール、ブールジュ国際電子音楽コンクール、ケネディーセンター・フリードハイム賞、国際コンピュータ音楽会議、国際コンピュータ音楽連盟賞など数々の国際的コンクールにおいて受賞、入選している。また、日本でも1985年に行われた「今日の音楽」現代音楽コンクールや、1987年には第8回入野賞を受賞している。
www.music.buffalo.edu/faculty/lippe

担当授業:
・コンピュータ音楽実習A(Max 上級)
・コンピュータ音楽実習C(リアルタイム・コンピュータ音楽)

非常勤講師
Akira Inoue

井上 鑑(非常勤講師:デジタル・ミュージック)

キーボード奏者/アレンジャー/プロデューサー。寺尾聰SINGLE『ルビーの指輪』、ALBUM『REFLECTIONS』でレコード大賞編曲賞受賞。演奏やアレンジ活動の傍ら、近年は福山雅治や吉田兄弟のコンサートツアー音楽監督を務めるほか、サラウンドシステムによる音楽インスタレーション『Soundings』の発表など、多岐にわたり活躍中。
www.akira-inoue.com

担当授業:
・コンピュータ応用講義A, B(デジタル・ミュージック・アレンジ)

 Takenori Katagiri

片桐健順(非常勤講師:PA)

PAエンジニア。株式会社エス・シー・アライアンス、サウンドクラフトライブデザイン所属。

担当授業:
・コンピュータ音響実習A I~II(PAエンジニアリング実習)
・コンピュータ音楽実習B(デジタル音響機器プログラミング)

Cathy Cox

キャシー・コックス(非常勤講師:音楽学)

現代音楽および電子音楽の作曲法、テクノロジーと音響芸術の交差点、または聴覚に基づく分析法を専門とする音楽理論・音楽学者。加マギル大学音楽院音楽理論専攻卒業、米ワシントン大学(セントルイス)大学院修士課程修了、米コロンビア大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。1996~1997年、独ベルリン工科大学にてDAAD奨学生。またアーヘン工科大学にて情報学を学ぶ。コロンビア大学のコンピュータ音楽センターにて助手、及び「Current Musicology」論文誌に編集委員副長として勤めた。国際学会(カナダ、アメリカ、オーストラリア、香港、韓国、日本)で研究を発表。玉川大学および国立音楽大学大学院非常勤講師。

担当授業:
・音楽テクノロジー(修士課程)

Satoru Kobayashi

小林 悟(非常勤講師:録音,音響)

録音エンジニア。

担当授業:
・コンピュータ録音演習 I~IV(録音・音響エンジニアリングの理論と実習)
・コンピュータ応用講義C(トラックダウン手法)

Shotaro Hirano

平野昌太郎(非常勤講師:ビジュアル・デザイン)

グラフィック・デザイナー。武蔵野美術大学非常勤講師。

担当授業:
・コンピュータ応用演習 I~IV(デジタル・ビジュアル・デザイン)

Atsuo Fujita

藤田厚生(非常勤講師:録音,マスタリング)

録音、マスタリング・エンジニア。有限会社エフ代表。
www.f-inc.jp

担当授業:
・コンピュータ音響実習B I~II(マスタリング実習)

Kiyoshi Furukawa

古川 聖(非常勤講師:コンピュータ音楽,作曲)

1959年東京生まれ。入野義郎氏に師事、ベルリン、ハンブルクの音楽アカデミーでイサン・ユン、ジェルジ・リゲティのもとで作曲を学ぶ。1991年に米国のスタンフォード大学で客員作曲家。ドイツのカールスルーエのZKM でアーティスト・イン・レジデンス。作品は、新しいメディアと音楽の接点において成立するものが多く、1997年のZKMの新館のオープニングでは委嘱をうけて、マルチメディアオペラ『まだ生まれぬ神々へ』を制作・作曲。2000年より東京芸術大学美術学部助教授、2013年より同教授。
furukawalab.org

担当授業:
・コンピュータ音楽講義 I~IV(創作のための楽曲分析、器楽作品作曲)
・コンピュータ音楽研究(修士課程)
・創作領域研究(博士課程)

Shu Matsuda

松田 周(非常勤講師:マルチメディア・プログラミング)

「DIPS」開発者。現在、映像処理/音響処理などで放送業務用ソフトウェアの研究開発、音楽情報処理分野において研究開発を行う。株式会社パオックス代表取締役、国立音楽大学、早稲田大学非常勤講師。

担当授業:
・マルチメディア・プログラミング I~IV(C言語、Xcode、iOSアプリ、Macアプリ開発)
・コンピュータ音楽実習(DIPSプログラミング)
・コンピュータ音楽研究(修士課程)

Takayuki Rai

萊 孝之(非常勤講師:コンピュータ音楽)

1954年、東京に生まれる。作曲を故入野義朗、H.ラッヘンマンに師事。桐朋学園大学作曲科卒業後、ユトレヒト大学・ソノロジー研究所においてP.ベルクのもとでコンピュータ音楽を学ぶ。1982年より同研究所の客員作曲家として、オランダを拠点に活躍。
ガウディアムス国際作曲コンクール(オランダ・1980)、ISCM世界音楽の日々(カナダ・1984)、ワルシャワ国際現代音楽フォーラム(ポーランド・1986)、国際コンピュータ音楽会議(西ドイツ・1988/カナダ・1991)などに入選。1981年に入野賞を受賞した他、1985年と1989年にブールジュ国際電子音楽コンクール(仏)において最優秀賞を、1989年にNEWCOMP国際コンピュータ音楽コンクール(米)において第1位を、1991年には国際コンピュータ音楽連盟賞を受賞している。桐朋学園大学特任教授、四川音楽学院特別招聘教授。
www.t-rai.net

担当授業:
・コンピュータ音楽創作 IV
・コンピュータ音楽ゼミ I~IV
・卒業論文 I~II
・コンピュータ音楽概論B, C, D(電子音楽/コンピュータ音楽の歴史)
・博士課程作曲演習(コンピュータ音楽)
・創作領域研究(博士課程)