基礎課程(学部1〜2年)
コンピュータ音楽創作I~IV
コンピュータ音楽やメディアアート制作のためのグラフィカルなプログラミング環境「Max」を用い、アルゴリズム作曲、コンピュータ音合成技術、およびデジタル音声信号処理技術の基礎を習得します。2年次にはMaxでのプログラミングに加え、Pro ToolsやFinal Cut Proなど市販のソフトウェアも活用しながら、様々な領域に渡るテクノロジーを用いた芸術表現の可能性を検討し、創作を実践してゆきます。
コンピュータ録音演習I~IV
創作された音楽の発表に必要な、録音や音響における基礎知識を初歩から学習します。Pro Tools | HDXとS6コンソールを始めとする、学内のスタジオに常備された最新の機器を駆使し、演奏に最も適したマイクロフォンのセッティングを検討しながら録音作品を完成させます。同時に、周りのスタッフへの声かけなど、その場を共有する人たちとの信頼関係の構築も必要であり、この授業のテーマの1つとなっています。
コンピュータ音楽講義I~IV
——創作のためのアナリーゼ
古典音楽作品の楽曲分析を通じて、音楽的な考え方や手法を学び、時間軸を伴った芸術に広く応用できる創作技術を習得し思考を深めます。それらを使って実際に器楽作品の作曲を試み、耳を通して知識を身体化し、創作のための深い洞察力を獲得します。
マルチメディア・プログラミングI~IV
C言語やJavaScriptによるプログラミングの基礎を習得し、アプリやWebサイトの制作に応用していきます。コンピュータやネットワーク、ファイルシステムの構造、ファイル伝送の仕組み、データタイプなどにも習熟し、またOpenFrameworksの援用や、Arduinoによる外部デバイスとの接続も試みます。Xcode開発環境を用いてMac OSやiOS上のアプリ制作を試み、公開までの手順と手続きを学びます。
コンピュータ応用講義A,B,C,D
——デジタル・ミュージック
ひとつの音楽作品、音楽家の思考創作プロセスを追体験することにより、単なる技法や技術的側面を越えたリサーチを試みます。具体的には、テーマを定めたディスカッションと実際の演奏を積み重ねて、現代の音楽とは何かを探ります。テーマになるアーティストは年度ごとに協議の上で決定し、過去にはバルトーク、ビョーク、ピアソラなどを取り上げています。DAWやシンセサイザーなどの電子楽器の用法も広く学びます。
コンピュータ応用演習I~IV
——デジタル・ビジュアル・デザイン
視覚デザインの基礎およびグラフィック表現の基礎を学び、デジタル・グラフィック・デザインやDTP、印刷、タイポグラフィの基礎および実践的技法を習得します。
コンピュータ音楽概論C,D
すでに音楽史の一部となっている20世紀の電子音楽の発展について作品視聴を通して考察し、テクノロジーを応用した音楽や音環境への理解を深めます。また、コンピュータ音楽の発展に関して作品視聴を通して考察し、新しい時代の音楽、音楽テクノロジー、さらにこれからのデジタル芸術への理解を深めます。
創作系ピアノI~VIII
ピアノの演奏の基本的な技術及び表現力を習得します。また多様な時代、様式の作品に触れることにより、ピアノ作品やピアノという楽器そのものについて幅広い知識と理解を得ます。さらに、20世紀から今日に至る様々な音楽を知り、演奏することにより、自らの創作活動に直接、役立てることができるようになります。加えて、プリペアド・ピアノの実習も行います。
専門課程(学部3〜4年)
コンピュータ音楽ゼミI~IV
基礎課程で学んだ知識と技術を見つめ直し、個性、オリジナリティを自覚した上で、芸術的にも技術的にもさらに高いレベルのコンピュータ音楽、およびメディアアート作品創作に挑戦します。その成果を、専門課程の最終目標となる卒業作品制作に結実させます。グループワークと個人レッスンを組み合わせて授業を行います。
卒業論文I~II
3年間学んできた知識や技術を「卒業プロジェクト」として、一つの記録に残る「成果」にまとめあげます。履修者は二つのプロジェクト形式:A)アプリケーション開発、B)研究論文執筆から一つを選択し、各自が具体的な開発目標、研究課題を設定します。最終的に卒業論文として提出します。
コンピュータ音楽実習A・C
——Max音声信号処理
手本を変更して自身のソフトウェア・パッチを開発することの習得をゴールに、ソフトウェアの実例を学生に与え、提案された可能性について自由に探求することを奨励するのが、この授業の目的です。音響や音響心理学、デジタル信号処理や一般的なプログラミングを、さまざまな例を通して学びます。
コンピュータ音楽実習B
——デジタル音響機器プログラミング
Meyer Soundを中心としたスピーカ・システムとYAMAHAのデジタル・ミキサを用いた、実践的なPAプログラミング技術について実習を通して学びます。
コンピュータ音楽実習D
——インターンシップ
株式会社KORGでインターンシップを行います。シンセサイザに搭載されるサンプリング音源の制作について、楽器の選定から録音、編集に至るまで携わります。
アプリケーション開発実習
——DIPS for Max
画像・映像入出力を習得した後、DIPSによるさまざまな3D映像生成技術、および2D画像処理技法を学ぶとともに、同種のさまざまな視覚化アプリケーション、センサーなどの物理的な入出力機器の開発、応用と統合法も習得します。多種のメディア間のインタラクションを実現したインタラクティブ・マルチメディア作品創作を目指します。
コンピュータ音響実習A
——コンピュータ音楽PA
Meyer Soundを中心としたスピーカ・システムとYAMAHAのデジタル・ミキサを用いた、実践的なPA技術について実習を通して学びます。PAにおけるマイクロフォンの的確な選択と使用法やミキシング、スピーカを使用する際のイコライジング、音場補正などについて学びます。また、日本有数の現代音楽アンサンブルであるアンサンブル・ノマドの公演にてPAを担当し、プロフェッショナルな現場での仕事を体験します。
コンピュータ音響実習B
——ミックス・ダウンとマスタリング
音響やデジタル・オーディオについての認識をさらに深めた後、DSDやマルチ・チャンネルでの録音から編集、ミックス・ダウン、マスタリングまでを学び、録音芸術作品を制作します。